漫画家になる方法は4つ!専門学校など最適な方法を選んで漫画家を目指そう

日本ではコンビニや書店、ネットの漫画サイトで気軽に漫画を読むことが出来ますが、その漫画は漫画家の先生が描いたものです。

漫画を読むのではなく自ら作って、人を感動させたい、楽しんでもらいたいという思いがあるなら漫画家になりましょう。

漫画家になる方法は専門学校に通う方法を含めて4つありますのでそれぞれ解説をしていきます。

漫画家の仕事はここが魅力

漫画家の仕事を目指す動機は人それぞれですが、漫画家には次のような魅力があります。

売れっ子漫画家になれば収入もうなぎのぼり

一般的なサラリーマンの場合、収入は年功序列だったり毎月ほぼ同じで固定給だったりしますが、漫画家の場合は自身の才能や努力次第でどんどん収入を増やしていけます。

また、売れっ子漫画家になれば収入もうなぎのぼりで、一般的なサラリーマンの年収を簡単に凌駕してしまう場合も多いです。

超人気漫画家になればその収入は億超えとなってきますので、漫画家という仕事は収入面で見ても非常に夢のある仕事と言えます。

収益化しやすい

また、収入面で漫画家を見る場合、漫画家は自身の作品を収益化しやすいという魅力もあります。

漫画の中で作ったオリジナルキャラクターをグッズにして販売することも出来ますし、漫画を映画やアニメにしたりゲームにしたりすることも出来ます。

漫画本の売上による収入の他に、別の所で収益化を行って収入を増やせるので、作った作品は色々な所で活かせます。

有名になってファンも増える

漫画家が沢山売れるようになれば、次第にファンも増えていきます。

有名な漫画家になればテレビ出演の依頼なども出てきますし、その名前は日本だけではなく世界中に知れ渡ることもあります。

有名になりたいと思っている方にも漫画家はおすすめの職業です。

好きなことを仕事に出来る

仕事によっては辛い仕事があったり、いやいや仕事をしなければいけないものもありますが、漫画家になれば漫画作りが仕事になります。

漫画を描くのが好きな方にとってはまさに天職と感じるのではないでしょうか。

好きなことを仕事にするのは中々難しいですが、漫画家ならそれが可能です。

大好きな漫画を描いて毎日楽しく仕事をしたいなら漫画家を目指しましょう。

漫画家になる方法

そして、漫画家になるためには4つの方法があります。

以下、漫画家になるルートを見ていきます。

安定の漫画の専門学校

4つあるルートの中でも安定したルートが漫画の専門学校に入学して勉強する方法です。

独学での勉強に比べるとちゃんとした漫画の講師が指導に当たってくれるので、描く力や基礎力が身につきやすいです。

独学で勉強することに不安があるという人や、基本から力を付けていきたいと思っている方におすすめ出来ます。

また、勉強できるだけではなく専門学校と出版社や編集部とのパイプを使えるというのも専門学校に通うメリットです。

出版社の人がよく出入りする専門学校や、元漫画家の人を講師として迎え入れている専門学校もありますので業界についての知識も入りやすい環境にあります。

未経験から漫画家を目指すなら、まずは漫画の専門学校に通えないか検討してみましょう。

アシスタントになる

プロの漫画家は一人で漫画家を描いている人もいますが、多くはアシスタントを雇って仕事をしています。

漫画家のアシスタントとして働けば、そこで漫画家としての知識や技術を習得出来ますし、アルバイトとして働けばお金も入ってきます。

アシスタントで下積みを重ね、プロの漫画家を目指したい方は、アシスタントの求人を探してみましょう。

ただ、アシスタントとして採用されるためには、ある程度漫画の背景を描けたり、キャラクターを描けたりする必要があります。

出版社への持ち込み

漫画の専門学校に通う人も、独学で漫画家を目指す人も、出版社へ自身の作品を持ち込んでデビューへのキッカケを作っています。

実力の世界となってきますが、既に漫画を描ける力がある方は直接出版社へ持ち込みをして漫画家デビューに挑戦してみましょう。

ただ、出版社へ持ち込むときには事前にアポイントを取る必要があったり、持ち込むときにはルールもありますので注意です。

新人賞へ応募

漫画家デビューは出版社への持ち込みの他、新人賞へ応募する方法でもなれます。

毎日やっているというものではなく、定期的に開催されていますので、漫画家を目指している方は何月ごろに新人賞の応募が始まるのか確認しておきましょう。

応募することで本物の漫画家やプロの審査員に自身の作品を見てもらえるので、自身の漫画家としての実力がどの程度あるのかが分かります。

また、新人賞に応募して特賞を貰えれば、それだけで漫画家として出版社や世間から注目されますし、新人賞によっては数十万円から百万円のお金が貰えます。

まとめ

専門学校で学びながら漫画家を目指したり、独学で学びながらデビューを目指したりと、漫画家になるのは色々なルートがあります。

どの方法が正解とかはありませんので、自身のライフスタイルや生活環境を考慮して最適な方法を選びましょう。

ただ、知識も経験も皆無の状態なら専門学校を利用する方法が無難です。