漫画の専門学校には通信講座もあるのをお忘れなく!特に独学の人におすすめ!

漫画の専門学校と言うと、毎日通う全日制を思い浮かべる人が多いはずです。

確かに全日制の学生が、最も多いのは事実です。

しかし他にも、夜間部や通信教育があるのも忘れないようにしたいですね。

特に通信講座はうまく利用すると、漫画の上達に大いに役立ってくれます。

漫画の専門学校は全日制の授業だけでなく

専門学校と言うと、毎日朝から夕方までの授業がある、高校の授業の延長のようなイメージがあります。

実際全日制が最も受講数も多く、メインであることは事実です。

しかしどうしても、フルで授業が受けられない人や、昼間は仕事があるなどの人のために夜間部や通信講座の用意もある学校。

結構あるのです。

特に大手の学校には、この夜間部と通信講座の用意もありますから、全日制に通うのは時間的にも学費的にもきつい人は、大いに利用してください。

どちらも全日制に比べて授業料も安く、しかも時間の自由がある程度効きます。

仕事を持っている人や、バイトしながら学びたい人には非常にお役立ちです。

ただ全日制のように、朝から夕方まできっちり授業があるわけではなく、自分の意志が強くないと続けられないという問題もあります。

忙しい中でも漫画の勉強だけは、と言う人にはおすすめのコースですが、そこまで意志が強い自信がいまいちという人には、全日制をおすすめしたいです。

夜間部と通信講座との違いは

夜間部も通信講座も、忙しい人や昼間に仕事のある人には使いやすい専門学校のシステムです。

どちらも時間的に、全日制に比べると縛りが少ないので、自分で勉強するという強い意志も必要になってきます。

夜間部の方はそれでも、学校に通うというスタイルは全日制と同じです。

時間が夕方の6時辺りからになるという違いはありますが、学校に通っての授業になります。

通信講座の方は、これは自宅での勉強になります。

独学にプラスα、とでも言ったらいいでしょうか。

独学で独りよがりな漫画の描き方をしていたり、デッサンが狂ったのに気が付かないまま描いていたり、そんな時に添削が入るので軌道修正が出来ます。

夜間部よりも自由がきくというか、自分のできる時間に課題をやる形なので、本当に自分のスケジュールをコントロール出来る人に向いています。

特に独学で描いている人が、現役の漫画家や編集者の批評を受けたい時には、この通信講座は役立ってくれますね。

通信講座を受けるメリットは

この通信講座というもの、お金を出して受けるというメリットはどのへんにあるのでしょうか。

ちょっと見には、独学と変わらない気もしますね。

時間の自由が聞くので受けやすい通信講座ですが、こういった人にもメリットがあります。

独学で勉強している人の喝入れに

独学での勉強は、コンクールに参加したりとかネットでの作品公開など、今では多くの締切も出てきました。

なのでそれなりに緊張感もあります。

しかし時に、あまり評価が得られなかった時など、いささか筆が鈍ることもあります。

そんな時に、通信講座を受けてみると自分の足りないものがわかることもあります。

どうしても自分だけの世界に閉じこもりがちなのが、独学です。

プラスに働けば、非常に個性の強い作品群を生み出すことが出来ますが、反面独りよがりな作品になりやすいのも事実です。

ちょっと行き詰まった時に、通信講座で批評されて見るのも勉強になりますよ。

進路にちょっと迷っている場合

高校卒業を控えて、さあどうしようと迷っている場合に、専門学校という選択肢が自分に合っているか、それを見極める時にも通信講座は役立ってくれます。

短期間で家で履修できるので、今の自分のランクがどの程度のものか、受験勉強の合間の息抜きという感じで受講してみるのがいいでしょう。

講師の批評や添削の結果で、ある程度の自分のランクが分かります。

その後の進路の一助になること間違いなしです。

通信講座とひと言で言うけれど

漫画の通信講座、と言ってしまえばそれまでですが、学校によってこの通信講座はかなり内容が違います。

その学校の方針で、ある程度すでに描ける人に適した授業内容のところもあります。

反面、初心者向けの通信講座を用意しているところもあります。

ここをよく把握して、自分に合った内容の口座を受講することが必要です。

また同じ学校の同じ通信講座でも、数多くのカリキュラムを用意してくれている学校もあります。

それによって学費も変わりますが、そういう学校なら自分の学びたいカリキュラムの含まれたコースにすることも可能です。

現在では殆どの学校が、通信講座はオンラインでの授業、指導になっています。

しかし昔ながらに、郵便でのやり取りでという学校もあります。

前者だとネット環境が必須になりますし、後者は必要ない反面教材や添削のやり取りに時間がかかってしまいます。

その辺りもよく考えて、学校と通信鋼材のコースを選んでいってください。

まとめ

通信講座と言うと、何となく適当な感じがしたのは昔のことです。

今の通信講座というのは、漫画の専門学校も含めて、指導もしっかりとしたものになっています。

ただあくまでも家で、自分の時間とスケジュールで勉強するので、そのための強固な意志は必要になるシステムなのは、昔と変わらないのも事実です。