漫画の専門学校って学費はどの程度必要?安いところでも安心?

漫画を勉強するのは、もちろん独学でも出来ます。

自分でひたすらに描いて、持ち込みをしたりコンクールに出したり、ネットで流すなど色々と方法はあります。

でも出来たら専門的に、デッサンから学びたいと思ったら、漫画の専門学校で学ぶという手もあるのです。

漫画の専門学校に入学すれば

漫画を学ぶのに専門学校に入れば、デッサンのやり方からストーリーの構成法まで、時には現役の漫画家の授業も交えていたれりつくせりで教えてくれます。

画力に自信がなかったり、ストーリーの思いつきは良かったりするのに構成が下手、などという人には大いに役立ってくれます。

昔はアナログだけだった道具も、今ではパソコンソフトで描くことが出来ますし、時にはそれを要求されます。

完全独学の場合、どうしてもそのソフトの最新のものを手に入れるのが、その費用調達が難しいこともありますが、学校ならそういった心配もありません。

非常に恵まれた環境で、漫画を学ぶことが出来るのです。

独学と専門学校非常に大きな違いは

もちろんこの2つ、色々と違いはあります。

しかし何より大きいのが、お金の問題です。

独学の場合、漫画を描くのに必要な道具、パソコンソフトがあればそれで勉強し続けていくことが出来ます。

しかし専門学校の場合、環境が整っている代わりに学費というものが必要になってきます。

これが用意できずに、独学でという人も少なくありません。

しかし基礎から学んでいきたい場合、やはり独学よりは専門学校の授業を受けるほうが、上達は早いのです。

そして業界関係も出入りするのが、専門学校です。

在学中に顔つなぎも出来るという点は、これは大きなメリットですね。

お金の準備ができれば、専門学校へ行くのが漫画上達の早道にもなります。

そういった意味では本当に、専門学校への進学はおすすめなのです。

漫画の専門学校の学費の相場はどのくらい

さて気になる専門学校の学費の相場ですが、これが結構上下があります。

安いところだと、年間で70万円程度の学費というところもあります。

これでも特に、高校卒業したばかりの若い人には手の届かない金額ですね。

一般的には大体、年に150万円程度と見ていいでしょう。

倍になってきますので、余計手が出なくなります。

とは言え、この差は大きいので学費を出す人、当人もしくは保護者にとっても考える余地も出てきます。

出来れば学費が低い学校のほうが、と思うのは当然です。

というのは、この中にまず諸経費が含まれているかどうかという問題もあるからです。

施設費は含まれている金額のところが多いのですが、学校によってはこれに校友会費とか研修費用が足されるところもあります。

この点にも注意して、一見安く視えても実はということのないようにしたいものですね。

また当たり前のことですが、学費は年にいくらと言う形で表記されています。

2年制なら2倍、3年制なら3倍になることも忘れないでください。

専門学校に行きたいけど学費は抑えたい

学費はできるだけ抑えたい、と思うのは誰でも共通の望みと言っていいでしょう。

どういった方法なら、授業料を抑えられるでしょうか。

比較サイトなどで授業料の安い学校を見つける

授業料の安い専門学校でも、良い授業をしてくれるところはあります。

口コミなども参考にして、安いけどしっかりと授業をしてくれる学校を選びます。

きちんとした学校なら公式サイトなどに、何故学費を安く抑えられているのかと言うようなことも明記しています。

それも参考にして、探してみてください。

通信講座を利用する

昔の通信教育の場合は、描いたものを郵便で送ってそれを添削してもらい、また郵便で戻して貰う形でした。

しかし今ではネットという便利なものがありますので、オンラインを利用しての通信講座が受けられるようになりました。

昔よりずっとスピーディーに添削評価ももらえるので、受講も意欲的に出来るようになっています。

学費はもちろん、どの程度のレベルでどの程度のランクの口座を受けるかで変化しますが、全日制の漫画の専門学校よりはぐっと安く済むのはありがたいですね。

家で学べるという点では独学と同じですが、第三者の評価が入るので独りよがりな作品になることも免れます。

専門学校の夜間部を利用する

すでに昼間働いている人など、この夜間部はおすすめです。

学費が全日制よりも安いのはもちろん、帰宅して独学よりも学校に行くという行動になるので、疲れていても自分をプッシュしやすいのです。

意外とこの夜間部、高校卒業後の若い人の顔も多く見られます。

全日制だと流石に親が、と言う人もこの夜間部の学費なら何とかということで、通うことが出来るわけです。

特に大学進学しても、漫画の勉強は欠かしたくないという人には、バイトで学費調達できないこともない夜間部はおすすめになります。

まとめ

まあ何によらず同じことですが、真剣に学ぶにしても学費は安いのに越したことはありません。

でも安かろう悪かろうでは、これも困ります。

うまく時間とお金を工夫して、漫画家デビュー目指してください。

漫画の専門学校にも色々とありますし、通信講座や夜間部を利用することで経費を抑えられますよ。