漫画家になる夢を実現するなら漫画の専門学校へ通おう

漫画家を目指している方の多くが専門学校に通っています。

なぜ専門学校に通うのか、ここでは漫画家志望の方が専門学校に通う理由を紹介します。

専門学校に通うメリットは非常に多く、通うことで漫画家になりたいという夢に一歩近づけます。

専門学校に通う4つのメリット

漫画家の先生は独学で漫画家になった人もいれば、専門学校に入学して漫画家になった先生もいます。

ですので、漫画家は独学でも専門学校に通う方法でもなることが出来ます。

ただ、専門学校に通うのはメリットが多い方法ですので、漫画家になるのが夢なら専門学校で学ぶのがおすすめです。

学習カリキュラムが組まれているからだらけにくい

独学で漫画の勉強をする場合、自身で勉強のスケジュールを作らなければいけません。

また、勉強のスケジュールを作ったとしても、独学だと好きな時間に勉強を中断することができるので、途中でゲームをしたりと別のことをして勉強に身が入らない場合もあります。

一方、専門学校に通えば学校側が漫画家になるための力が身につくように考えらた指導内容、スケジュールに沿って勉強できます。

プロが考えた学習カリキュラムで勉強することで実力も上がりやすいです。

独学で勉強すること、勉強スケジュールを立てることに自身が無いなら、やはり専門学校へ通ったほうが良いでしょう。

その他、独学で勉強する場合は一人ですが、専門学校なら基本的に講師が講義を受け持ってくれますので、だらけにくいという特徴もあります。

分からないことはいつでも聞ける

漫画の勉強をしている時に、分からないことがあったらそれはインターネットなどを利用して自身で調べて解決する必要があります。

欲しい情報が見つからない場合は、何時間も調べるのに時間がかかって時間が無駄になりやすいです。

しかし、専門学校なら漫画の知識に長けたプロがいますので、分からないことがあったら質問すれば答えてもらえたりします。

ですので、勉強をする時に躓きにくいのもメリットです。

基本が分かるから応用力がつく

勉強は基本が分からないと応用も出来ませんが、漫画もそれと同じで基本が分からないと応用が出来なかったりします。

漫画の専門学校では漫画家として最低限必要な知識はもちろん、業界で知っていて当たり前の知識や技術を基本から指導してくれますので、そこから応用をしやすいです。

独学で勉強する方法だと知識の範囲が狭くなり、基本がおろそかになる方もいますので、基本からしっかり学びたいなら専門学校は最適です。

漫画の専門学校で基本を学べば、通常の漫画家という職業に就けるようになるほかに、漫画原作者や脚本家、イラストレーターやグラフィックデザイナーも目指せます。

漫画家の基礎力が身につけば、それは色々な業界でも通用するので、専門学校で基本をしっかり固めていきましょう。

デビューがしやすい

専門学校に通うメリットの中でも大きなウェイトを占めてくるのが、デビューがしやすいということです。

独学でも専門学校に通っても、デビューをするためには最終的に出版社に持ち込んだり、漫画賞などへ応募することになります。

専門学校ではデビューの鍵を握る、出版社との距離が近く、情報が揃っています。

学校によっては有名な出版社が近い所もあり、出版社に在籍する編集者が直々に学校にきてアドバイスをしてくれる出張編集も受けられます。

専門学校は出版社や業界の人との接点が多いのでデビューチャンスがつかみやすいので、早期に漫画家としてデビューをしたいなら、お金を払ってでも専門学校にいくのがおすすめです。

右も左も分からないならとりあえず専門学校が安心

このように専門学校に通ったほうがメリットは大きく、漫画家になりやすいので、漫画家になりたいなら専門学校へ入りましょう。

イラストすら描いたことがない方も漫画の専門学校で学ぶことで、卒業時までにはプロレベルの力を身につけられたりしますので、右も左も分からない状態ならなおさら専門学校がおすすめです。

オープンキャンパスや体験入学で専門学校を決めよう

日本全国には漫画の専門学校は沢山あります。

漫画の専門学校に通って漫画家の勉強を始める方は、まずはどんな学校が良くて、自分に合っているか調べることが大切です。

そこで、行いたいのが漫画の専門学校のオープンキャンパスや体験入学です。

オープンキャンパスに参加すると、そこで指導を行っているプロ漫画家の話を聞けたり、実際に指導をしてもらえたりします。

また、学校の施設や様子、在宅生徒の交流等もあったりしますので、是非参加してみましょう。

オープンキャンパスや体験入学も基本的に無料で実施していたりしますので、必要なお金も学校までの交通費くらいで済みます。

その他、漫画の専門学校では入学希望者向けのイベントをよく行っていますので、学校のホームページはチェックしておくと良いです。

まとめ

漫画家などの専門職になりたいという方は、専門学校に通う方法が王道ルートです。

就職支援も手厚くなっていますので卒業後に不安を抱えているという方も、漫画の専門学校にいけばその不安が和らぐでしょう。

ちなみに、漫画の専門学校によっては、有名なアニメや漫画の作画監督や漫画家が講師陣にいることも多く、漫画家志望の方にとっては良い刺激になります。