情報がありすぎて迷ってしまう!漫画の専門学校って行く意味あるの無いの?

漫画家になりたくてこれは専門学校で学ぶのが早道、と思って探していたら今度は、特に行かなくてもと言った記事をたくさん見つけてしまったという人、いませんか。

情報が多すぎて、行く意味があるのか無いのかもわからなくなってしまうことってありますね。

漫画の専門学校って行くべきそれとも

専門学校という名前からも分かる通り、漫画の描き方を専門に教えてくれる学校です。

専門学校なので、高校卒業後に入学する人が多いですが、夜間部などには仕事しながら夢を再びという社会人の姿も、結構見受けられます。

漫画家を育成するのに特化した学校、と言うところですね。

しかしネットなどで見てみると、特に専門学校に通わなくてもとか、通っても仕方ないとかの書き込みも、散見されます。

反面、専門学校で学ぶことは決して無駄にならないし、その後の進路のケアもしてくれるので、お金の余裕があれば通ったほうがいいという意見も見られます。

これでは進路をどうしようかと迷っている特に高校卒業前の若い漫画家志望としては、迷うこと必然ですね。

読んで見ればどちらもそれなりに、根拠のある意見です。

一体この漫画の専門学校、行くべきかそれとも行く必要がないのか、目安だけでも点けておきたいですよね。

当人の事情や状況も考えての進学を

高校卒業後にどうするかを考えた場合、その経験値でも違いは出てきます。

例えば、小学生の頃から絵を描くことが好きで、時間さえあれば絵を描きまくって、学校の美術に時間には夢中でデッサンしていたという人もいます。

加えて、折々に漫画を描いてはクラスメートに読んでもらったりと、在学中に研鑽積みまくってきた人もいるんですね。

こうした人達の場合、ある程度の基礎はできています。

なので高校卒業前から原稿の持ち込みをしておくことも、もちろんあったわけです。

雑誌のコンクールに応募も、もちろん経験ありですよね。

この場合、すでにある程度の第三者の批評も受けていますので、それなりに当人たちも自分に足りないところなどわかってきています。

また基礎が充分かどうかも、批評されています。

なので特に問題なければ、専門学校で学ぶ必要があまりありません。

意志を強固に持っての独学、アシスタント修行、コンクール参加や原稿持ち込みなど自分で動いての活動も可能です。

しかしそこまでしてこなかった人の場合、基礎から学ぶ必要のある人の場合、専門学校という選択はおすすめになってきます。

漫画の専門学校に進学がおすすめなタイプ

人によって、また経験の度合いによっても、専門学校進学がおすすめかどうか変わってきます。

こういうタイプの場合はおすすめ、と言う大まかなところを見ていきましょう。

基礎から勉強したい人

当たり前と言っては何ですが、とにかく基礎デッサンからやる、もしくはやり直したい人の場合専門学校はおすすめです。

独学で最も弱点と言えるのが、このデッサンなどの絵の基礎です。

人物デッサンなどは普通の学校では、美術の時間にもまず組み込まれることがないのです。

つまり漫画で最も肝心な、人間を描くということが独学では不足してしまうのです。

それを補うには、専門学校の授業はもってこいなのですね。

絵はともかく総合的な漫画作りが

絵については非常に上手い人でも、ストーリー作りになると精彩を欠く、と言う人もいます。

またストーリーの山を作るなどのセンス、これがイマイチで残念ということもあるんですね。

友達に自分の漫画を見せても、絵はうまいけどなあ、というような言葉をもらったらこの点に不足があるのだと思ってください。

漫画の専門学校の場合、このストーリー作りなどのコツも授業で教えていってくれます。

思いつきはいいんだけどその後の構成が、というような人は実は多いのです。

どうすれば漫画家に慣れるかわからない人

笑い話のようですが、これは悩んでいる人多いです。

経験もそれなりにあり、時に同人誌なども作ってみたり、評判もそれなりに貰っていてもコネがなくてプロになれない人、結構います。

幸い今ではネットでのアップが評判になってそこから、と言うケースもありますが、どうやったら漫画家になれるのかという疑問はやはりつきものです。

こういう場合も、特に基礎技術などももう一歩欲しいなどあったら、専門学校に入学してしまうのも手です。

大手の専門学校の場合、プロの漫画家の講義もありますし、そこで顔つなぎも出来ます。

また編集者たちの出入りもありますので、そちらにも顔がつなげるのですね。

原稿持ち込みした編集部で、見た顔だと言われたらそれだけで印象も違ってきます。

漫画家になるのに必要なコネとかきっかけ、業界に欲しいと思った場合、専門学校に通ってみるのも手ですね。

技術だけでなく、こうした繋がりもある程度期待できるのが、専門学校のいいところです。

まとめ

漫画の専門学校に行くのは無駄と言われても、自分の今の状況をよく見て本当にそうなのかどうか、見極めてみることが大事です。

言った相手には必要なかったかもしれませんが、言われた方には必要ということもあるのです。

自分の今の状況や技術も計算に入れて、進学するかどうかを決めていってください。