正義感

先日たまたま知人と話をしている時に、
赤信号、誰も見ていない時に渡れるか・・・という話になりました。

私、渡れないです。
もちろんこうした公式の場ですから、
渡れます!!と胸張って言うことはないと思いますが、
嘘偽りなく、渡れません。

若かりし頃は、そういったこともあったと思いますが、
分別のつく大人となった今、
やはり誰も見ていないとしても、
そこは自分自身の中での正義感が自分を咎め、
「ダメなものはダメ」と自分を戒めるのだと思います。

絶対に譲れない価値観、
正義感はそんな私自身の価値観の一つです。

それは他人に押し付けるものでもないとも思います。
あくまで私自身の中で・・・のものですから。

でも誰しもそういった価値観は必ず持っています。
それを侵された時に、人間関係に亀裂や軋轢が生じます。

人材育成は人の心も時に扱います。
そんな時、相手が大切に持っている価値観をいち早く察知し、
その価値観をこちらも同じように大切に扱うことがとても重要です。

相手の価値観を無視して、
自分の価値観だけを押し付けたとしても、
そこには何も響かないし、相手の心には届かないのだと思います。

関連記事

  1. おめでとうの威力

  2. 刺激を受けること

  3. 感情労働

  4. 飲みニケーション

  5. 人の意見に耳を傾ける

  6. 人生を変えてくれた人

  1. 2019.02.18

    【お知らせ】コラム内容リニューアル

  2. 2019.02.15

    ベストオブミス愛媛

  3. 2019.02.14

    セミナー・イベントにオススメ会場

  4. 2019.02.13

    人の意見に耳を傾ける

  5. 2019.02.12

    働く原動力

  1. 登録されている記事はございません。