働く原動力

「何のために働いているのですか?」
「何のために仕事をしているのですか?」
研修などでもよく投げかけられる問いです。

給料、やりがい、成長、夢、目標達成・・・などなど、
その答えは十人十色で、もちろん正解はありません。
全ての答えが正解です。

私も研修でこの質問を投げかけることはあります。
まずその目的を知ることが大事だと思うからです。
そしてこれは、常に答えが同じとは限りません。
置かれた立場、状況、環境によって変化もしていくものです。

ふと、私の答えは何だろう、と考えました。
何のために・・・つまりは働くことの原動力となるものは何なのか。

私は「誰かの役に立つ、誰かの為になる」これが原動力だと思いました。
当社の社是の中にも「多くの人の役に立ち」という文言がありますが、
まさに人の役に立つこと・・・それが原動力です。

自分の成長や目標達成に興味がないわけではないのですが、
どうにも自分を軸に置き、捉えると、
それはイマイチ原動力にはつながらないように感じます。

だからこそ人の育成、キャリアの支援に携わりたい・・・
そう感じるのです。

働く人たちが大事にしている原動力、
それに気づかせてあげることは、キャリアの仕事に携わる者の使命だと思います。

関連記事

  1. 仕事スキルマスター研修Ⅱ③

  2. 新入社員

  3. 社内研修のおはなし③

  4. 仕事スキルマスター研修Ⅲ③

  5. 研修真っ只中

  6. 宣言すること

  1. 2019.02.18

    【お知らせ】コラム内容リニューアル

  2. 2019.02.15

    ベストオブミス愛媛

  3. 2019.02.14

    セミナー・イベントにオススメ会場

  4. 2019.02.13

    人の意見に耳を傾ける

  5. 2019.02.12

    働く原動力

  1. 登録されている記事はございません。